上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
解体工事もかなり進み、すべての垂木外しが終わり、同時に垂木の寸法等も計り終わりました。


南側


東側(本堂正面)

本堂の水平を調べ、合わせる作業をするため、壁を一部落としました。


手前:蛙股(かえるまた)の部分
奥:内陣の部分

この作業をしないと、建物が傾いたまま建ってしまうため、必ず水平を調べないといけません。
ある程度壁を落とし、他の部材の寸法が計り終わるともう少し解体する部分があるので、外していくことになります。
合掌
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。